会社概要

kg_b2

社名

アオイスタジオ株式会社

所在地

東京都港区麻布十番1丁目1番14号
TEL.03-3583-4566(総務部)
TEL.03-3582-3811(スタジオ事業部)
TEL.03-3585-6178(文化事業部)

資本金

9,000万円

設立

昭和30年12月27日

社員数

90名

役員

代表取締役会長 菊池 智
代表取締役社長 岩成 正和
取締役 古屋 明
取締役 松島 洋之
取締役 佐藤 孝彦
取締役 澤 眞吾
取締役 菊池 節
監査役 樋口 真道

許可登録

厚生労働大臣許可・有料職業紹介事業[13-ユ-040036]
厚生労働省登録・特定労働者派遣事業[特13-04-0240]
東京都知事許可・建設業電気通信工事業[般27-第66812号]

取引銀行

りそな銀行麻布支店・三菱東京UFJ銀行六本木支店
みずほ銀行神谷町支店・常陽銀行東京営業部
さわやか信用金庫麻布支店

事業内容

ポストプロダクション(CM・映画・予告編・アニメーション等の映像・音声編集)
イベント全般の企画制作(コンサート・演劇・講演会)
タレントの養成、斡旋
音響・映像・照明設備の企画、設計、施工
音楽原盤(CD等)の企画・制作・販売
印刷物の企画・制作・販売

沿革

昭和30年 千代田区永田町に総合音響スタジオとして設立
昭和39年 港区麻布十番(現所在地)に移転
昭和41年 音響デザイン、音響再生システムの研究開発部門としてオーディオエンジニアリンググループを発足
昭和42年 民間企業のPR用イベント並びに公立文化施設でのイベントを企画制作する事業部(現・文化事業部)発足
昭和45年 大阪万国博覧会において、各パビリオンの音響・映像システムの設計施工ならびに展示用映像ソフト制作を手がける
昭和46年 資本金9000万円に増資
昭和47年 ビデオ編集スタジオを開設、映像制作業務を開始
昭和49年 全国の平安閣グループの宴会場において、ブライダル関係の音響・映像・照明の設備及び演出業務を開始
昭和50年 沖縄国際海洋博覧会において音響・映像・照明システムの企画、設計、施工を手がける
昭和54年 スタジオ事業部門においてドルビーステレオ対応マトリックス方式光学録音機を完成日本映画テレビ技術協会技術賞受賞
昭和61年 1吋VTR編集室ならびにテレシネルームを開設、ポストプロダクション業務を開始
昭和63年 録音スタジオにマルチオーディオシステムを導入、アイマックス・オムニマックス等の大型映像への対応が可能になる
平成4年 SP事業部門(現・文化事業部)においてプロダクション業務を開始
平成12年 スタジオ事業部門において録音スタジオをデジタル化ノンリニア映像編集システムを導入、ポストプロダクション業務の全面的なデジタル化を図る
平成13年 映画「バトルロワイアル」で、第24回日本アカデミー賞優秀録音賞受賞
平成14年 SP事業部門、「市原悦子ロードショー」「海援隊トーク&ライブ」全国公演をおこなう
平成16年 映画「座頭市」で、第27回日本アカデミー賞最優秀録音賞受賞
平成17年 10月事業部門制から事業部制に変更、呼称を文化事業部とする12月会社創立50周年を迎える
平成18年 Avid MediaComposer Adrenaline HDを装備したオフライン編集室を増設、文化事業部において「ウルトラマンファンタジックライブ」制作協力をおこなう
平成19年 文化事業部発足40周年を迎える、和楽器演奏集団「独楽」結成5周年ツアーをおこなう
平成20年 脩一朗&大地 結成10周年を迎える、第6録音スタジオ(5.1ch)を新設
平成21年 第1スタジオをアフレコ・MAスタジオに改修
平成23年 第4スタジオのデジタル化を図る
平成24年 Avid 編集システムの最新化を図る
平成25年 DCP(デジタルシネマパッケージ)対応設備を導入
平成26年 第7スタジオのデジタル化を図る

アクセスマップ

ログイン

ページ上部へ戻る